川島なお美 失楽園よりも印象深い「お笑いマンガ道場」ってどんな番組

この記事は2分で読めます

51xL1gGEMrL

メディアの前に現れその激ヤセぶりに周囲の誰もが絶句した川島なお美さんが
24日、都内の病院で胆管がんの為お亡くなりになられました。
とても残念です。

「川島なお美」と聞いて真っ先に頭に浮かぶもの・・・・失楽園、ワイン好きなどが
有名ですが、私が真っ先に連想するものは『お笑いマンガ道場』です。

家庭向きな番組内容で毎回20%近い高視聴率の人気番組。
私の中でも大好きなテレビ番組のひとつでいつも楽しく見ていました。
30代後半~の人にとってはめちゃくちゃ懐かしいのでは?
スポンサードリンク


『お笑いマンガ道場』ってどんな番組?

ジャンル :バラエティー番組
制作局:中京テレビ
期間 :1976年4月から1994年3月まで放送

<司会>
・桂米丸(初台)
・柏村武昭(2代目)
<レギュラーパネラー>
・鈴木義司(プロの漫画家)
・富永一朗(プロの漫画家)
・車だん吉
・エバ(初台)
・秋ひとみ(2代目)
・川島なお美(3代目)
・森山祐ゆうこ(4代目)
<マスコットキャラクター>
・りゅうのすけ

<番組内容>
基本は司会者の出すお題に対し、パネラーがフリップにマンガを描いてネタを作り
おもしろおかしく回答するという形式

今で言うとフジテレビの 芸人大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」 みたいな感じかな?

他にも、マンガでしりとりしたり、ある題材(フルーツなど)に対し
ダジャレマンガでの回答が「合格」の場合、その題材が賞品として
贈られるコーナーもありました。

見どころのひとつにフプロの漫画家「鈴木義司」と「富永一朗」のライバル対決がある。
富永の描く鈴木はいつもチリチリ頭のこじきでよく「ドカン」の中に入っていたっけ?(笑)

img20080430192853390
鈴木は自分を気前のいいお金持ちとして描き、富永をオバケナマコ・こじきにしてたな(笑)
富永の「おっぱい」ネタもおもしろかった!
う~ん 懐かしい!

また番組の最後に視聴者のお便りを紹介する、
「だん吉~、なおみのおまけコーナ~~」って紹介から始まるお決まりコーナー。
地味ながらインパクトのある内容で視聴者の興味をひき、多くの支持を集めていました。

img001

川島なお美は当時青山学院大学の女子大生。かわいかったですね~
仲良く映るだん吉にちょっぴりジェラシーを感じたことを覚えています(笑)
スポンサードリンク


川島なお美、マンガの腕前は?

プロの漫画家とかたを並べ、負けず劣らずのマンガを描いていました。
マンガが上手いだけでなく、芸能人顔負けのネタを披露し
視聴者からの支持も高かった様です。

私は彼女の描くマンガがとても好きでした。
あまり画像が出まわっていないのが残念です・・・。

もう一度見たいですけどね~。

まとめ

まさか川島なお美さんが亡くなるなんて、思ってもみなかったので
とてもショックを受けました。

54歳・・・若すぎます。
まだまだこれからなのに。

幅広く、バラエティーに富んだ活躍を見せ、
最後まで女優であり続けた彼女。

心よりご冥福をお祈りいたします。
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゲスの極み乙女
  2. 聲の形
  3. 安枝瞳2
  4. CTrLaSBUYAEDqB7
  5. 三太郎 WANIMA
  6. 20121207-1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。