オリンピック2016の日程やリオの治安は?旅費やチケットの値段情報まとめ

この記事は3分で読めます

rio01-thumb-818x519-50_600x380

いよいよ来年2016年夏季、リオデジャネイロオリンピックが
開催されます。今から楽しみですね~!!

全28競技(306種目)で期間は8月5日~8月21日(16日間)の予定。
4年に1度行なわれる「スポーツの祭典」を生で観戦し、
その感動を肌で感じたぁ~い!と思っている方も多い事でしょう。

ここで気になるリオまでの移動時間や旅費、行なわれる競技や会場、気候、
チケット代、そして治安は大丈夫なのか?
そんないろいろな疑問をまとめて調べてみました。
スポンサードリンク


会場・開催地区別、競技一覧と日程

123

12

引用元:http://www.sports-tokyo.jp/top/wp-content/uploads/2015/11/rio_map.pdf

リオデジャネイロの気候は?

リオデジャネイロは南半球の為、日本と逆で8月は冬にあたります。
寒そう?と思いきや、リオの8月の平均気温は26度。
降水量も少なくめちゃくちゃ過ごし易いようです。
オリンピック観戦にはもってこいですね!(笑)

リオデジャネイロまでは何時間くらいかかるの?

なにせ、地球の裏側まで行きますから、距離にしておよそ12,000マイル。
直行便はありません。さすがに燃料がもちませんからね。(笑)
便によりますが、ニューヨークやミラノ、サンパウロなどで
乗換えが1~2回は必要になります。
東京の成田空港からだと、乗換え時間も含め
ざっくり30時間前後といったところでしょうか。
長旅になりますね~。
リオデジャネイロの入り口はアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港。
市街地まで20kmほど。
タクシーで30~40分かかります。料金は40レアル前後。
1レアルは日本円で32円程度ですので、1,280円くらいですね
バスなら7レアル前後(224円)時間も変わらないなので割安ですね。

旅行費はいくら位かかるの?

○飛行機代
旅行会社や次期によって差が出ると思いますが、ここもざっくり
安くエコノミーで往復16~26万といったところ。

○宿泊費
宿泊施設によりピンキリですが、できれば安く抑えたいですよね~。
オリンピックとなれば世界中から人が集まります。
50万人もの人が訪れるとの予想も出ていますからね~。
そりゃ値段も上がるでしょうね。(笑)
なので早めに安い宿を押さえた方がいいですね。
7泊くらいとして安くて12万前後、通常20~30万ぐらいでしょう。
スポンサードリンク


オリンピックのチケットっていくら?

先行でブラジル国内にて120万枚が販売されました。
最終的には720万枚の観戦チケットが販売されるそうです。
気になる値段は・・・
一番安いチケットで20レアル(640円)
普通のチケットが70レアル(2,240円)チケットの半分以上がこれ。
1ちなみに陸上の100m決勝が見られるチケットが600レアル(19,200円)
一番高いチケットは閉会式が見られるもので4600レアル(147,200円)
だそうです。
ブラジルでこの値段ですから、日本の旅行会社を通すと更に
値段が上がるでしょう。
日本もこれから徐々に出てきますよ。

リオデジャネイロの治安は?

残念ながら、ブラジルリアデジャネイロは世界有数の「犯罪都市」
として有名な街です。
ここ数年の間で治安の改善が進んできてたようですが、ここにきて
再び安全への懸念が高まっているようです。

特に外国人観光客を狙った犯罪が昼夜を問わず発生しており、
強盗は(去年2014年)に比較して25%増との事。

~最近の邦人被害の傾向~
空港や観光地で銀行ATMを使用した際、カードの磁気情報が盗まれて
偽造カードが作られ、口座から現金を引き出されてしまうという
ケースが多発しています。
また、セントロ地区の路上やコパカパーナ海岸周辺の路上で
ひったくり、強盗に遭う被害が多発している様です。
一番気を付けたいのは置き引きですね。
日本では普段、当たり前の様に行なっている荷物のチョイ置き。
タクシーやバスの待ち時間中や空港のチェックインカウンターなど
荷物を置いてちょっと目を離したすきに持ち去られてしまうケースが
多発しているそうです。
じゃあどうすればいいのでしょうか?

被害に遭わない為の防衛策は?

・空港ではATMを使用せず、当面必要な現金をドル又はユーロで持参して
レアルに両替する。
・アクセサリーや時計等は極力身につけない。
・手荷物などは最小限にして、カメラ、携帯等はかばんの中に入れる。
・荷物から目を離さない。
・移動はタクシーを利用する。徒歩で行動する際は1人ではなく、グループで歩く
・気を抜かず、常に周囲への警戒を怠らない
・スラム街(ファベーラと呼ばれる低所得者層の集団密集地)には極力近づかない。
・旅先で知り合った人を簡単にホテルの自室に招き入れない
(金品等を盗まれたり、睡眠薬などを飲み物に混入されるケースもあります・・・)

もし被害にあってしまったらどうする?

絶対に抵抗しない事!相手は銃かナイフを必ず所持しています。
相手が子供でも同じです。
犯人は興奮しているので凝視したり刺激を与えないこと。
大声を出したり、逃げたり、急な動作はタブー。
発砲されるかもしれません。ホントに怖い!
初めから被害に遭う事を想定して、犯人に渡す用に少量のお金を入れた財布を
準備しておくといいですね。
そうすれば、落ち着いて行動出来るはずです。
犯人は目的を達成すればその場からすぐに立ち去るので
冷静に対処しましょう。
あくまでも「抵抗しない事」ですよ!!

まとめ

4年に1度のオリンピック。
今回は陽気な国ブラジルですから、とても盛り上がるでしょうね!

治安について調べるとなんだか怖くなってしまいますが、
基本はどこの国へ行っても同じ。
自分が常に警戒心を持って行動すればまず大丈夫です!

今から待ち遠しいですね。
今回はどんなドラマが待っているんでしょうか?
何事もなく、大会が順調に進む事を期待します!
スポンサードリンク


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 8263f9c2
  2. 1d462f051b6d4c4fd5577c294e1db180-e1527752568807
  3. 131105_0290222
  4. %e6%98%8c%e5%ad%90%e6%ba%90
  5. 浦大輝
  6. 中山遥斗
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。