将棋の竜王戦とはどんな大会で優勝賞金はいくら?過去の優勝者は誰?

この記事は2分で読めます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今や「時の人」となり、将棋界に

新たな旋風を巻き起こしている

藤井聡太4段。

現在、彼が戦っている

タイトル戦の竜王戦」とは

一体どんな大会なんでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

Sponsored Link


■将棋の竜王戦とはどんな大会?

まず将棋のタイトル戦には

以下の8個のタイトル戦があります。

・竜王戦(りゅうおうせん)

・名人戦(めいじんせん)

・叡王戦(えいおうせん)

・王位戦(おういせん)

・王座戦(おおざせん)

・棋王戦(きおうせん)

・王将戦(おうしょうせん)

・棋聖戦(きせいせん)

このタイトル戦の中で

最高峰という位置付けが「竜王戦」となります。

主催は「読売新聞社」

駒の「竜王」(「飛車」の成り駒。略して「竜」とも呼ぶ。)

から命名されたそうです。

今大会で30期となり、

6月26日(月)開幕です。

どんなドラマが待っているのか

楽しみですね~!

■竜王戦の賞金はいくら?

将棋タイトル戦最高峰の

竜王戦、

賞金はいくら貰えるのでしょうか?

今大会(30期)の優勝賞金は・・・

なんと4320万円!

準優勝の敗者賞金でさえも

1620万円だそうです!

これは大きいですね。

挑戦者決定三番勝負の対局料は

勝っても負けても

両者とも450万円。

ちなみにトーナメントの賞金は

下記になります

1回戦:46万円

2回戦:52万円

3回戦:77万円

4回戦:120万円

5回戦:165万円

ちなみに全て勝ち上がり

竜王戦の頂点に立った時の

獲得賞金の総額は・・・・

5232万円!

う~ん、棋士にとっては本当に魅力的ですね~。

ちなみにこの賞金は

その時により変動するそうですよ。

現在の将棋に対する注目度からすると

来年あたりはもっと金額が上がりそうですね!(笑)

Sponsored Link


■竜王戦の過去の優勝者は?

竜王戦の歴代優勝者は誰なのか?

過去を振り返ってみてみましょう!

 

29期(2016)渡辺 明

28期(2015)渡辺 明

27期(2014)糸谷哲郎

26期(2013)森内俊之

25期(2012)渡辺 明

24期(2011)渡辺 明

23期(2010)渡辺 明

22期(2009)渡辺 明

21期(2008)渡辺 明

20期(2007)渡辺 明

19期(2006)渡辺 明

18期(2005)渡辺 明

こうやって見ると

「渡辺 明」って本当にスゴイ人ですね!

圧倒的強さを誇っていますよね!

渡辺 明2

引用元:http://chulapan.com/

■まとめ

藤井聡太4段のおかげで

将棋界が熱く、面白くなってきましたね!

最高峰の「竜王戦」

勝つのは誰でしょうか?

圧倒的な強さを誇る

「渡辺 明」を倒す事が

出来るのでしょうか?・・・

とっても楽しみですね!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤井聡太対戦相手佐々木勇気五段とはどんな人?
  2. 藤井聡太 扇子2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。