キスしたのはいつ?知らなきゃ損「キス」の効能とは?ラブラブ度を取り戻せ!

この記事は2分で読めます

Kiss

新婚の頃ってラブラブ(LOVE♡LOVE♡)で毎日が楽しいですよね?
当たり前の様に「キス」してませんでしたか?(笑)

結婚後1年・2年・・・?年
個人差はありますが結婚生活が長くなればなるほど
それに比例してラブラブ度も右肩下がり・・・。

「最近キスしたのはいつ?」って聞かれても
いつだったかなぁ~って天を仰ぎ、すぐに答えられない人も
少なくないのでは?
スポンサードリンク


キスの頻度ってどのくらい?

_kiss20150208143117-thumb-autox600-18255

日本人の一週間の平均キス回数は「1.31回」という調査データがあります。

ちなみに5カ国(アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スウェーデン)
の平均は「5回以上」ほぼ毎日!って人が圧倒的多数です!

まあ、昔の日本に比べたら多くなった方だと思いますが、皆さんはこの数字
どう思いますか?
ちなみに家は週「1.31回」もありません。ほど遠いです・・・(笑)

しかし近年の研究によってこの「キス」にはさまざまな効能が
ある事が分かってきました。

キスの効能って何?

スポンサードリンク


キスをすると脳内物質「オキシトシン」が分泌されます。
この物質が様々な効果を生み出す事が明らかになってきました!

sunset-691995_640

※キスといってもおでこやほっぺたにする軽い「チュッ」ではなく
マウスツーマウス的な本気モード?のキスを指します。

オキシトシンとは・・・
脳内で神経伝達の役割を果たすホルモンのこと。

出産時に子宮を収縮させ分娩を促したり、子供の泣き声や、子供を思い浮かべた
だけで反射的に母乳が出るのもこの「オキシトキン」が作用している
ことが知られています

またオキシトシンには他人への信頼感が増加し、
人と人の絆を深める働きがあることがスイスチューリッヒ大学の
研究で明らかになっています。

この他に、キス(ディープなやつ)をするとパートナーの唾液を
受け入れる事になりますよね。
その際、お互いが体内にもつ細菌が交換されます。

すると、体内の免疫力が活性化し抗体が作られます。
抗体が作られることにより、体の抵抗力が増し、強い体になるのです。

あるデータによると、キスが習慣になっている男性は、そうでない
男性に比べ寿命が5年も長くなったとか・・・。

また、アレルギー症状のもとになる「ヒスタミン」という神経伝達物質を
抑制する働きがある事が医学的にあきらかになっています。

まとめ

最近夫婦仲がいまいちって方には「キス」がお勧めですね!

キスをする事により夫婦間に信頼感が増し、絆を深める
事が出来ます。

また免疫力の増化、アレルギーの抑制、長生きにつながるなど、良い事だらけ。

しかし、お勧めといっても夫婦仲の状態にもよりますが・・・軽度なら、

このキスの効能の話を出しつつ、ころあいをみて・・・・

思い切ってトライ!(修復の第一歩!)してみては?

パートナーとの良い関係を築く為、お互い頑張りましょう!(笑)
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. idennsi
  2. パワーブレード
  3. 岡部友2
  4. ラブレのCM2
  5. ココナッツヨーグルトドリンク
  6. 美容点滴
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。