7人制ラグビーキャプテン桑水流 裕策(くわずる ゆうさく)のプロフィールは?嫁や子供はいるの?

この記事は3分で読めます

hqdefault

リオ五輪(リオネジャネイロオリンピック)

いよいよ始まりました~!!

7人制ラグビー。団体球技1番乗りで五輪の出場権を獲得しましたよね。

この7人制ラグビー

怒涛の快進撃を続けてますよね!

ワクワクが止まりません!

何とかあと1勝!

メダル獲得に期待がかかります。

さて、この日本代表の主将を務めるのは

「桑水流 裕策」選手

とはどんな人物なのでしょうか?

「くわずる」って聞きなれないですよね?苗字の由来は?

また、すでに結婚して子供もいるとか?

気になる所を調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

氏名:桑水流 裕策(くわずる ゆうさく)

生年月日:1985年10月23日(30歳)

出身地 :鹿児島県

身長:188cm

体重:97 kg

愛称:ツル

趣味:映画鑑賞

好きな言葉:「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」

尊敬する人:両親

高校:鹿児島工業高校

大学:福岡大学

ポジション:フランカー

所属:コカ・コーラレッドスパークス

中学時代はサッカー部に所属。

高校生からラグビーを始めたようです。そして

福岡大学2年の時にはすでに7人制ラグビー(セブンズ)

日本代表に選ばれていて「セブンズ歴10年」のベテラン選手との事。

「Mr.セブンズ」とも呼ばれているそうです。

「桑水流 」くわずるの名前の由来は?

まず「桑水流(くわずる)」って読めますか?(笑)

「五郎丸」に続いて、聞きなれない苗字がまた出てきましたね。

この苗字の由来は、九州の宮崎県北東部に位置する市、

日向市が起源のようで、田んぼに引き入れる工作用の

「溝」が語源ということです。

宮崎県や、鹿児島県鹿児島市に多くいるようです。

ちなみに全国で580人程しかいないそうです。


桑水流選手がラグビーを始めたきっかけは?

桑水流選手がラグビーを始めるきっかけを作ったのは

父親だったそうです。

ラグビーファンの父親に勧められ初めの一歩を踏み出し、

現在の日本代表キャプテンにまで昇りつめたんですね。

お父さんも嬉しいでしょうね~。

スポンサードリンク


桑水流選手は普段どこでプレーしているの?

2008年大学卒業後、コカ・コーラウエストに入社。

そして同じ会社のラグビーチームである

「コカ・コーラウエスト レッドスパークス」に加入し、現在に至ります。

練習グラウンド:「さわやかスポーツ広場」

住所:福岡市東区香椎浜3丁目21番香椎パークポート緑地内

グラウンドは天然芝で施設は非常に充実しているラグビー場のようです。

14sawayaka1

引用元:http://waka77.fc2web.com/studium/40Fukuoka/14sawayaka.htm

●バスで行く場合~
博多駅交通センター1階から西鉄バス29系統で
香椎浜営業所行き香椎浜3丁目下車徒歩10分

●タクシーで行く場合~
JR千早駅/西鉄千早駅から10分程度

●徒歩で行く場合~
西鉄香椎駅から徒歩35~40分(2.5キロ)

無題

チームメイトは誰?

チームメイトには今や時の人「五郎丸歩選手!」ではなく、

そのお兄さんの「五郎丸亮(ごろうまる りょう)」選手がいます。

五郎丸亮選手は桑水流選手の1つ上の31歳で福岡県福岡市出身。

佐賀工業高校を卒業後、関東学院大学に入学。

卒業後、2007年より

「コカ・コーラウエストレッドスパークス」入団しています

今や弟が超有名人になってしまったので、お兄さんにも

注目が集まりますね。

goroumaruryo-263x300
引用元:http://neta7.com/wp-content/uploads/

嫁や子供はいるの?

桑水流選手はすでに結婚されていました。

イケメンなので残念に思う女子も多いでしょうね。

お子さんも1人いるそうです。

子供は3歳の男の子で、名前は「絢人」くんというそうです。

この子も将来はお父さん似のイケメンになるかも?

まとめ

セブンズ日本代表のキャプテンを務める九州男児の「桑水流 裕策」選手。

家族が一番の宝物という子煩悩なお父さん。

2016年夏季、リオデジャネイロオリンピックでの活躍を

大いに期待します!

頑張れ桑水流 裕策!

頑張れニッポン!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 7植田理久都
  2. 鈴木
  3. 唐津商・エース谷口
  4. main
  5. 香川県立高松商業高等学校
  6. 浦大輝
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。