清原和博の息子達へのいじめや今後は大丈夫なの?嫁の反応は?

この記事は2分で読めます

清原和博

元プロ野球選手の清原和博が覚せい剤取締法違反(所持)
の疑いで現行犯逮捕されました!
薬物疑惑を完全否定していたのにやっぱりですか・・。
せっかく復帰できてこれからって時に
何やってんだ!!キヨっ!
めちゃくちゃショックです!
スポンサードリンク


清原和博プロフィール

kiyohara
引用元 http://www.asagei.com/

清原 和博(きよはら かずひろ)
ニックネーム:キヨ
出身地:大阪府岸和田市
生年月日:1967年8月18日(48歳)
身長:188 cm
体重:104 kg
血液型:B型
利き腕:右投(右打)
小学校:岸和田市立八木南小学校
中学校:岸和田市立久米田中学校
高校:PL学園高校(30校近いスカウトの中からPLを選ぶ)
※甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本塁打)

キヨ 高校_0

引用元 http://blogs.c.yimg.jp/
ポジション:一塁手
プロ入り:1985年 ドラフト1位
初出場:1986年4月5日
引退:2008年10月1日
実家:電器店(東芝ストアー)を経営

清原の息子達の今後は大丈夫?

hqdefault
引用元 https://i.ytimg.com/

清原には2人の息子がいます。
2002年8月に長男、2005年5月に次男が誕生。
現在、中学1年生(14歳)と小学4年生(11歳)
名前は正吾(しょうご)君と、勝児(かつじ)君。
息子さんたちへの思いはとても強く
清原がが引きこもりの生活をしていた頃、
唯一心の支えとなっていたのこの2人の息子達だったといいます。
今回、そんな息子達を裏切る形となってしまいました!
非常に残念でなりません。
今、思春期で大事な時に「父親が覚せい剤で逮捕」と騒がれ、
彼らが受ける「心の傷」は非常に大きなものになるでしょうね。
超有名人の父親が逮捕となれば、その話題をネタに
面白がってちょっかいを出してくる奴が必ず出てきます。
一番怖いのがこの「いじめ」ですよね。

これは子供同士に限らず、大人からも攻撃を受ける可能性が非常に高いです。
この先2人がとても心配です。
今回の事件は2人にとって、人生が大きく変わってしまう程の大きな影響力があります。
誰がかわいそう?ってこの子たちですよね!
子供を大事に思っていたなら「何で!!?」って改めて怒りがこみ上げてきます!
もう少し踏ん張って欲しかったですね。
スポンサードリンク


嫁の反応は?

清原亜紀
引用元 http://alwaysnewstrend.com/

嫁は元モデルだった清原亜紀さん。とても綺麗な方ですね!
残念ながら2014年に離婚しています。
不倫、金銭面など、離婚の理由は一つではなかったようですね。

ひょっとするとこの時すでにこの薬物問題があったのかも知れませんね。
それでも清原復帰を影で支え、各所に頭を下げて背中をあと押ししてくれた
とってもいい嫁さんです。
この嫁も裏切りましたね!
ホントに最低ですね!
離婚しているとはいえ、彼女にもその悪い影響が降りかかるでしょう。
心もとない人々からたくさんの「攻撃」を受ける事になるでしょう・・・。
でもやっぱり自分の事より、子供達のことが一番気がかりでしょうね!
嫁としては「もういい加減にしてよ!(怒)」・・・といった心境でしょうか?
子供も嫁もかわいそうですね。
薬なんかに手をだしてもいいことなんて何一つ無いですよね。
残されたものの立場を考えて欲しいものです・・・。
皆さんも自分に負けない様、頑張りましょう!!

まとめ

やくざのような風貌で周りを威嚇し「強い男」の印象を
与えていた「清原和博」ですが、
本当の彼は薬物に手を出してしまうような
「弱い男」だったんですね。
身内だけに限らず、彼にあこがれる多くのファンや
野球界、芸能界など大勢の人々を裏切る事になってしまいました。
今回の逮捕は本当に残念です。
しっかり反省して再逮捕なんかにならない様にして欲しいです。
頑張れ!もう負けるなよ清原!

過去の自分をすて、心を改め「復活」する事を願っています。

関連記事はこちら↓↓
清原和博逮捕で保釈金はいくら?過去に逮捕された芸能人の保釈金例
清原和博を捜査した特命チームとは?逮捕までに時間がかかった理由は?
清原容疑者と群馬県の接点とは?脅されていたって本当?覚醒剤の恐怖とは

スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PPAP ピコ太郎
  2. 簡単もやし卵中華あんかけ
  3. 槇原敬之
  4. リファアクティブブレイン
  5. LUSSO CROCE ASIAN RESORT
  6. 斎藤 工
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。