マツコの知らない世界豪華列車の或る列車が乗れる場所や値段は?

この記事は2分で読めます

或る列車

マツコの知らない世界

2時間SPが放送されましたね。

この番組の中で鉄道カメラマン

桜井寛さんがオススメ

今、日本でブームとなっている

「豪華列車」

JR九州その名も「或る列車」

を紹介しました。

ちょっと気になったので今回

取り上げてみました。

Sponsored Link


■桜井寛のプロフィール

桜井寛(さくらいかん)

長野県佐久市出身で年齢は62歳。

職業は鉄道カメラマン。

世界91か国で列車に乗った経験があるそうです。

■或る列車とは?

或る列車 syanai
http://rail.hobidas.com/

北九州の超豪華列車と言えば

「ななつ星」が有名ですが

こちらほど豪華ではないですが、

もっと気軽に乗れる、エコノミーな

豪華列車があります。

それが今回紹介する「或る列車」になります。

デビューは昨年8月。

ゴールドと黒を基調としたきらびやかなボデー。

車両は2両編成です。

車内は、あの「ななつ星」のデザインを

した「水戸岡鋭治」がデザイン。

ゴージャスでありながらも、

とっても暖かい雰囲気です。

2両目はゆったりとくつろげる個室専用車両。

全8室となっています。

こちらでランチのお弁当が食べられます。

o0800045013601872122

http://stat.ameba.jp/

■どんなお弁当なの?

obenntou

http://pds.exblog.jp/

お弁当は季節により毎回違うそうですが

今回、番組で紹介されたのは3月のメニュー。

東京南青山のレストラン「NARISAWA」の

「NARISAWA bento」

食材は、ほとんどのものが九州産で

地元でとれる旬な食材を使用していて、

とってもおいしいそうです。

毎回お弁当が違うというのも

何が食べれるのかという

楽しみになりますね!

お弁当の他に、4つの

スイーツが食べられます。

Sponsored Link


 

■どんなスイーツが食べられるの?

sui-tu

http://www.asahi.com/

或る列車では、食材を九州の旬なフルーツなどを

使ったスイーツが全部で4皿提供されます。

どれも色鮮やかで、芸術的なものばかり・・・。

こちらも番組で紹介されたのは3月のメニューです。

※上の写真とは異なります

●1品目

鹿児島県、そら豆のカクテル仕立て

●2品目

熊本県、柑橘類のミックスサラダ

●3品目

イチゴと米麹の桃仕立て
酒かすソースと手まり餅

●4品目

ハート型マカロンなどメインスイーツ

■気になる金額は?

およそ2時間30分の旅で

お値段:¥24,000円~ /1人

切符代、食事、ドリンク代も含みます。

■或る列車の運行区間は?

運行区間

●大分駅~日田駅間

1往復/日 (平成28年4月15日~6月20日)

●佐世保駅~長崎駅間

1往復/日(平成28年7月15日~9月30日)

運行日は金・土・日・月

ちなみに運行場所、料理や

スイーツは季節で変わるそうです!

よって乗る度に、景色や味も異なり、

常に違った体験ができるそうです。

これはいいですね!

■運行時間は?

運転時刻(予定)

[大分コース]

大分駅発 9:46→日田駅着 12:07、

日田駅発 14:48→大分駅着 17:11

(平成28年4月15日~6月20日)

[長崎コース]

佐世保駅発 9:49頃→長崎駅着 12:11頃、

長崎駅発 14:53頃→佐世保駅着 17:35頃

(平成28年7月15日~9月30日)

■販売箇所は?

販売箇所

JR九州旅行支店、

JR九州の駅旅行センターや

大手旅行会社様などの旅行商品として発売。

■まとめ

エコノミーな豪華列車「或る列車」

綺麗な景色を眺めながら

ゴージャスな車内で絶品弁当&スイーツが

食べられ、極上のひと時が味わえる・・・

いつものせわしい世界から抜け出し、

ゆったりとした時間を

満喫できそうですね。

九州へ行く際は

一度乗ってみたい列車ですね!

要チェックです(笑)

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 林家 たい平
  2. MAKIDIマキダイの怪我の状態は?ZIPの出演や今後はどうなるの?
  3. 簡単もやし卵中華あんかけ
  4. 20080920152255
  5. kiyo
  6. 385144
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。