バスケットBリーグ乱闘11人退場の理由や対象選手は誰?

この記事は3分で読めます

Bリーグ11人退場

Sponsored Link


2016年10月30日、千葉・船橋市の舟橋アリーナで行われた

男子プロバスケットボールBリーグ1部、

千葉ジェッツVsアルバルク東京の試合で

11人が同時に退場する前代未聞の事件が起きました!

一体何が起きたのでしょうか?

■11人同時退場の理由は?

第1クオーター残り約3分半

千葉ジェッツのアームストロング選手と

アルバルク東京の菊池洋平選手が接触プレーの際に

口論となり、エキサイトしたアームストロング選手が

菊池洋平選手を突き飛ばした事が事の発端です。

アームストロング

一触即発の2人を止めようと、両軍ベンチから

控え選手が思わず飛び出してしまいました。

よくあるシュチュエーションですね。

ここでプレーが中断。

この乱闘騒ぎで退場選手が続出!!

???何が起きた?

混乱がひと段落した所で、

審判の説明アナウンスが流れました。

~審判の説明アナウンスの内容~

状況について説明します・・・・。

コートの中で、ファイティングなシュチュエーションが起こった際に

交代要員の選手でコートに入った選手は

「ディスクオリファイイング」になります。

控室ないし、このアリーナにある建物から出る事になります・・・・

んん?

ディスクオ・・・なに?

意味が分からない・・・

意味が分からないまま退場者が11人に・・・・

千葉ジェッツは元々ベンチ入りが12人で6人が退場したため、

出場する5人を除くと交代選手が1人しか残らないという

異常事態になってしまいました。

こんな中、会場では

「おかしいだろ~!」

「日本語で言えよ!!!意味が分からないぞ!!」

などのヤジが飛びました。

確かに意味が分からないですね。

このディスクオリファイイング・ファウルとは

「特に悪質なファウル、はなはだしくスポーツマンらしくない行為」

という意味になります。

これはベンチメンバーやコーチも対象となります。

規約では試合中に乱闘を止めに入って良いのは両軍の監督と

アシスタントコーチだけ・・・。

これ以外の交代要員選手らがベンチを出てしまった場合、

退場処分となってしまいます。

よって今回の騒ぎをリプレー検証した結果、

ベンチを飛び出してしまった選手含め、

両軍合わせで合計11人が一斉退場という結果となりました。

千葉の関係者も「長くバスケの仕事をしているが、

こんなのは見たことがない」と語るほど。

前代未聞の事件となりました・・・。

これってどうなんですかね?(笑)

Sponsored Link


■退場した選手は誰?

今回の退場選手(11人)は以下になります

<千葉ジェッツ>

・ヒルトンアームストロング選手

・ストーンタイラー選手

・伊藤俊亮選手

・荒尾岳選手

・原修太選手

・西村文男選手

<アルバルク東京>

・ネーミックアンドリュウ選手

・松井啓十郎選手

・二宮康平選手

・田村大輔選手

・トロイギレンウォーター選手

特に乱闘に加わった訳でもないのに一斉退場って・・・・。

結局この試合、アルバルク東京が勝利しました。

ちなみにNBA乱闘シーンはこちら・・・

 

バスケットBリーグ乱闘罰金はいくら?12人目の見逃された選手は誰? 

■まとめ

今回、11人が一斉退場という前代未聞の事件が起きました。

乱闘を止めに入るのは当然ですよね・・・。

そこで乱闘に加わるのは危険だし、退場でいいと思いますが、

止めに入るだけで退場ってどうなんでしょうか?

エキサイトした選手達を監督、コーチだけで止められるのか?

まあ、大乱闘を事前に防ぐという意図があるのかもしれませんが

ちょっと疑問が残ります。

今回の一件で規約に対する疑問が浮上しましたね。

見直しの余地があるかもしれません。

観客も納得できる分かりやす規約になるといいですね。

バスケットボールが世間に浸透するよう

今後に期待します!!

関連記事
Bリーグ選手の年俸はいくら?元NBAの田臥勇太が最高額? 

Bリーグとは何の意味?チームは全部でいくつあるの?

アルバルク東京チーム名の意味や注目選手は誰?

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. mnG9QqHl5iusolB_Uv656_102
  2. rio01-thumb-818x519-50_600x380
  3. 鈴木将太
  4. 古賀紗理那3
  5. horie jpg
  6. 佐々木航太
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。